Home » TYPHOON by NAOTSUKA MAKI
TYPHOON NAOTSUKA MAKI

TYPHOON

NAOTSUKA MAKI

Published February 18th 2013
ISBN :
Kindle Edition
42 pages
Enter the sum

 About the Book 

大学生の息子と受験を控える娘を持つ専業主婦の央子は、夫に違和感を覚えるようになっていた。古い借家が白蟻、そして台風に見舞われたとき、家族はそれにどう対処したのか。リアリズムの手法で、社会状況を背景に人間の心理を丁寧に掘り下げ、台風を克明に描いた純文学小説。「もの凄い風圧に家と共に耐えるだけで、母子が何も考えられなくなってほどなく、爆音――としか思えない音――が轟いた。家が回転するように大きく揺らいだ。午前11時48分。このとき日田で、大分地方気象台が観測史上最大となる最大瞬間風速50・More大学生の息子と受験を控える娘を持つ専業主婦の央子は、夫に違和感を覚えるようになっていた。古い借家が白蟻、そして台風に見舞われたとき、家族はそれにどう対処したのか。リアリズムの手法で、社会状況を背景に人間の心理を丁寧に掘り下げ、台風を克明に描いた純文学小説。「もの凄い風圧に家と共に耐えるだけで、母子が何も考えられなくなってほどなく、爆音――としか思えない音――が轟いた。家が回転するように大きく揺らいだ。 午前11時48分。このとき日田で、大分地方気象台が観測史上最大となる最大瞬間風速50・2メートルを記録していた」物語の舞台は大分県日田市。登場する長沢一家は四人と一匹で、世帯主の功(いさお)、妻の央子(ひさこ)、長男の亘(わたる)、長女の美亜(みあ)、ジャンガリアン・ハムスターのフレーズ。