Home » 世界怪談名作集 11 聖餐祭 [Sekai kaidan meisakushu 11 Seisansai] by Anatole France
世界怪談名作集 11 聖餐祭 [Sekai kaidan meisakushu 11 Seisansai] Anatole France

世界怪談名作集 11 聖餐祭 [Sekai kaidan meisakushu 11 Seisansai]

Anatole France

Published
ISBN :
Kindle Edition
7 pages
Enter the sum

 About the Book 

19世紀末期から20世紀前半にかけてのフランスを代表する小説家・批評家のアナトール・フランスの短編「聖餐祭」を岡本綺堂が翻訳したもの。「世界大衆文学全集35」のなかの「世界名作怪談集」[改造社、1929(昭和4)年]に収録。墓掘りは死人の不思議な話をいくつも知っているものである。カトリーヌ・フォンテーヌは老いてもなお美しさを留めており、毎日教会の聖餐祭の奉仕を欠かすことがない。十二月のある朝、いつものように参列した聖餐祭は昔風の服装をした見たこともない人々が集まっており、衣ずれの音さえもしない。More19世紀末期から20世紀前半にかけてのフランスを代表する小説家・批評家のアナトール・フランスの短編「聖餐祭」を岡本綺堂が翻訳したもの。「世界大衆文学全集35」のなかの「世界名作怪談集」[改造社、1929(昭和4)年]に収録。墓掘りは死人の不思議な話をいくつも知っているものである。カトリーヌ・フォンテーヌは老いてもなお美しさを留めており、毎日教会の聖餐祭の奉仕を欠かすことがない。十二月のある朝、いつものように参列した聖餐祭は昔風の服装をした見たこともない人々が集まっており、衣ずれの音さえもしない。カトリーヌ・フォンテーヌが隣をぬすみ見ると、思わぬ人がそこに居るのであった。